愛車紹介~Fuji SL Elite avant-garde

ライトとボトルを除いた完成車重量を5.4kgに抑えた「決戦用輪行車」として組みました。

いろんな人から、「ヒルクライム専用車組んだの?」と聞かれますが、そうじゃない、軽くして、楽に輪行したいだけだ!

構成

  • フレームセット:Fuji SL Elite avant-garde 54 Size
  • シフター:Red 22
  • FD:Dura ace 9000
  • RD:Red 22
  • ブレーキ:Red 22
  • クランク:CLAVICULA M3 PCD 110
  • チェーンリング:Rotor Q-rings
  • ホイール:ENVE 1.25
  • スプロケ:Red 22 11-26T
  • ハンドル:Schmolke Compact TLO C-C42
  • ステム:Superleggero 110mm
  • ペダル:Speedplay Ti
  • シートポスト:KCNC Ti-Pro Lite
    →Ti Pro Lite紹介記事へのリンク
  • サドル:中華カーボンサドル
    →中華サドル紹介記事へのリンク
  • アウターケーブル:AICAN
    →AICAN紹介記事へのリンク
  • インナーケーブル:AICAN
  • ボトルケージ:Lightweight EDELHELFER
  • タイヤ:Corsa CX
  • バーテープ:なし

もっと本気出してアンダー5kg狙えることは狙えるんですが、これ以上軽くする際のコストが尋常じゃないのと、既に十分軽くて輪行に一切躊躇しなくなったので本来の目的は達成ということで完成。

自分で5kg台前半のを組んで思ったのは、4kg台の自転車組んでる人ってやべぇ…。

もっと本気出すならM2 racer, Mcfk, Becker Carbon, Tune, Extra Light, Fibrelyte, AX Lightnessみたいな頭おかしいパーツを導入しないといけないんだろうな。軽量化の沼はとても深い…。既にSchmolkeに手を出した自分はアレなんですがw

ブレーキに関してはRedより軽いのを突っ込むのはオススメしないです、Zero Gravityとか使った事あるんですけど、調整が物凄くめんどくさいし、効きもイマイチなので。普通に使える物ではありますけど、個人的にはもう使わないかなぁ…と。

ちなみに、Becker Carbonとか30gのサドルやら1g台のシートポストクランプ作ってたりするらしいですね

なお、M2 racerは超軽量パーツを作っていたものの、耐久性が残念すぎて撤退してしまった悲しいメーカーですw

組むのに使った面白いパーツとかは別のリンクであーだこーだ書きますね。

ついでに吊るしはかりのリンク置いときます

さすがに0.1g刻みで重量測定する軽量化厨の域には達してないですw