日本縦断3日目~風神と雨神の加護を得たといっても過言ではない

例の無人駅で目が覚めたら学生がたくさん来ていた。寝袋に入ってる不審者がいて、ごめんなさい、悪いことはしませんw

とりあえず晴れていたので心地よく下る。梅(たぶん)が咲き始める2月下旬。晴れていて清々しい。門司まで一日で行けるよな…と確信していた。この時は。

完全にイージーモードの中、大分市街に到着、大分駅大きいのね。写真撮って素通り。

R10だから二桁国道の中では一番若く、九州の動脈のはずだけど、こういうものすごく平和な場所を通ったりもする。感覚的にはR1が箱根通ってるようなもんですかね。車もほとんど通らないし、ぼーっとしながら走る。

そして別府市、海沿いに。ちょうどこの日は何かの駅伝のようなものをやっていたらしく、先導車が走り、その後ろにランナーが大量に続いていた。確かに、このあたりは走りやすかった。九州の湘南的な感じでした。

どこかで温泉入ればよかったものを、天気が良すぎて走り続けたくなってしまったので、そのまま止まらなかった。

そして、この海沿いの区間を走っている時に、急激に風が強まってきた。ただ単に海風が強いだけでしょ…と、その時は舐めていた。

そして、日の出町へ。北九州まであと100kmぴったり、頑張れる気がしていた。

しかし、何か不穏な予感がした。内陸なのに謎に風が強いまま…というか油断してると一瞬で横風で1車線流されるんですけど…。

日の出町を抜けると、軽い山岳部になる。さすがに山と山に挟まれた部分はまだ風が弱いとはいえ、風向きが真正面になるとまともに走れない。気になって天気予報を開いてみたところ、暴風警報が出ていた。誰だよこんな日に北九州まで走ろうとか言ったヤツ…

山岳部の一番てっぺん、立石峠。だらだら上って、割とだるい。斜度も少しあるので、だいぶ疲労が溜まっている状態。

この横風でDHするとか、死ぬんじゃないか…?と思いつつ、そこそこ攻めて下る。私は馬鹿です。

いい加減、風がつらすぎて嫌になり、例の黄色い看板に引っ張られる。

天気予報を確認して、風が少し弱まるまで待とう…とするも、いつまで待ってもこの日は風が強いことが判明、もう嫌になり、永遠とグダっていたら周りが真っ暗に。まだ北九州まで少し距離あるんですけど…。

もう嫌だ、疲れた、寝たい…と思いつつ、北九州まで行かないと宿が少ないので、諦めて走る。

そして、北九州の近くまで到着、たまには室内泊しよう…!と思い各ビジネスホテルの空き部屋を確認するとびっくりするほど空いてない。…空いてない。

諦め半分で、北九州に着いてから直接、ビジネスホテルのフロントまで行って確認すると、急遽、キャンセルが出た部屋があったらしく、なんとか居場所を確保できた。一時間くらいさまよったよ…なんだったんだ、この日は。

佐伯市→北九州市

201kmでした

日本縦断2日目~初っ端から大雨なんですけど

朝起きたら大雨だった。

雨が弱まるまで雨宿りして待つか…と思っていても10時を過ぎても全然止まないので絶望感を抱きながら走り始める。

日南海岸の景色、楽しみにしていたのに、大雨。というかこの天気図、フラグ。

やっぱり冬の雨だけあって、少し休憩したら一気に体が冷え、動けなくなる。何とか這いつくばるように近くのうどん屋に入ると、ドライヤーを貸していただけた。ありがたや…

Google mapに鬼の洗濯岩なるものがあって気になっていたので、ちょうどそれが見えるうどん屋を選びました。…なんだかよくわからんw

諦めて淡々と走り、宮崎市。やっと雨が止む。走ってて「なんじゃこらまんじゅう」という看板が目に入り、なんじゃこりゃだったので寄ってみる。クリームと果物となんか色々入っててよく分からなかったけどとりあえず美味しかったです。なんじゃこら。

晴れてきたので走行風で体は乾燥するけど、やっぱり濡れた感じ…。そして、延岡で、隣に銭湯があるランドリーを見つけ、即入る。
個人営業の銭湯で、老夫婦に孫のように可愛がっていただけた。夕飯までご馳走されてしまって、本当にいいのだろうか…。

いつの間にか会話が盛り上がり、三時間ほど居座ることになってしまった。これ持っていきな!と言われたみかんを補給食にして魔道R10の夜道を走る。この道、夜に走りたくないのよね…。ひたすら登りでだるいし。

当初、寝ようと思っていた無人駅の宗太郎駅の目の前に辿り着く。ヤブの中にあって、駅というかバス停に見える感じの駅だったので悩んだ末にスルー。宗太郎駅って名前、完全に人の名前じゃないですか。

ということで宮崎県から脱出して大分県に入ることに。

大分県との県境を越えた後の無人駅の重岡駅で寝ることに。ダイヤを見てびっくり、田舎ですね…。

そして、目に入った駅の名前。土々呂…。トトロ、いるもん…。

なお、重岡駅、山の頂上付近にある集落の中の無人駅です。頂上なのでめちゃくちゃ寒いです。冬に外寝するのはあんまりオススメしません…。

ここ、朝になると学生がたくさん集まってきて電車に乗って来るので、早めに撤退しましょうね。(翌日、寒すぎて寝袋から出られずにグダグダしてたら学生いっぱいきた)

 

日本縦断1日目~今日から始まる移動式ホームレス生活

指宿の郊外から根占に向けての朝イチのフェリーの時間は8時

まぁ、6時に起きて支度すればいいだろ…と思って前日、寝たものの見事に寝坊。日本縦断、とても幸先のいいスタートを決めました。市街地からフェリー乗り場までは10km弱。券買ったりなんだかんだすると一時間かかるので、6:30に出発すれば十分な余裕をもって乗れるだろう…と思ってたんですけどね、アレですよ、初日から猛烈な勢いで支度して、フェリーまで全力TTですよ。

と、まぁ、全力TTしたら余裕で間に合いました。というか、フェリーがまさかの遅延。待つのめっちゃ寒いw

と、まぁ、そんな感じで無事にフェリーに乗りましたとさ。

対岸の根占港に着くと、実は同じ船に自転車乗りが自分以外にももう一人乗っていたと判明。話しかけてみると、ビギナーの自転車乗りさんで、最南端へ行くとのこと。せっかくなので一緒に走ろうと話しかけ、先頭をひたすら牽いて走る。

この辺の猿はあんまり逃げない。道路のど真ん中に座ってたりするので、割と危なかったりする。

上りと下りが激しく繰り返す道を走るとこの看板。あと12km。テンションは上がるものの、正直、荷物積んでるとそこそこ辛い。

最南端付近は植生も完全に普通に日本で見かけるものとは異なるものになっていて、ここ、どこの熱帯だよ…という感じになっている。日本感、ゼロ。

ビギナーさんを牽いているとはいえ、最南端付近では斜度が20%とかになるので荷積みで走っていると、ペースを合わせる余裕は全くない。なので、頂上まで先に行ってから待つのを繰り返す。そんなこんなで、三年ぶりに最南端の看板へ到着。さぁ、ここからがスタート。

再スタートの前に、佐多岬の中の神社でお参りをしていく。参詣者名簿を見ると、名前の横の一言コメントには「日本縦断」や「日本一周」を書いている率が高い。やっぱりそうなんだろうな…。

そして、麓まで戻り、北上する旅が始まる。一緒に走った方はだいぶ疲れていたようなので、志布志から輪行すると言い始めた。志布志の市街地に向かう道に分岐するところまで一緒に走り、そこでお別れ。

あとはひたすら一人で淡々と走る旅が始まる。

日南市に入った頃に、まさかの雨。初日から萎えたので、近くの道の駅、なんごうに避難。

どうやらその道の駅は猫がよく来るようで、寝ていると猫も近寄って来る。もふもふして満足し、寝ることに。なお、目の前が海なので、海風がものすごく寒い。こんなところで寝ようとした自分は本当にバカだと思う。

日本縦断0日目~「人生ネタ作り」

もう二年前のことなんですけど、この時、自分は学生最後の春休みを控えてました。

せっかくなら、最後にバカなことをやってみたい…日本の47都道府県は全て走り、普通に走るだけでは今までとはあまり変わらない。当時の自分の座右の銘は「人生ネタ作り」だったので、何か自慢できることやりたいな…と思ってました。

そういえば夏に日本縦断達成した人の話はよく聞くけど、真冬に達成した人って聞いたことないな?

たぶん雪のせいか。…ってことは冬に走り切ったら一人目の達成者じゃない?やってみるか。無理そうなら途中でリタイヤすればいいや。

こんな軽い気持ちで、鹿児島空港行きの飛行機を取りました。行きだけ日付固定で予約して、帰りは現地で決めることにして、完全に勢いで出発することに。

元気な状態でスタートしたかったので、いきなりは佐多岬に行かずに半島の反対側の指宿の方向に向かうことに。なお、この時点ではまだどんなルートで日本を縦断するか、全く考えていないw

青看板につられて日本一の巨樹なるものを見に行くことに。

感想。「でかい」

願掛けも大事かなと思ったので、絵馬を奉納。ほら、僕、よくケガしますしw

鹿児島市まで惰性で走る。観光地ではアイスと決まっているので冬にも関わらずアイスを探していると何か香ばしい(物理的にも)な看板を見つける。味がどんなだったかはぜひ想像していただきたい。

鹿児島市から指宿の方向に走って行く途中、Fホイールからバキバキと音が聞こえ、急遽、オーバーホール。旅先でハブをバラすとか初めてなんですけど。

なんと、シャフトを引っこ抜いてみたところ、ベアリングの内側の方の軸受けが抜けかかっている、意味が分からない。こんな壊れ方ってあるのかw
どうしようもないので、諦めて走る。東京着いたら別のホイールにしよ…と、適当な感じでそのまま走る。これの発生、どうやって回避すればいいんでしょ。

と、まぁ、トラブルはあったものの、そのまま走って指宿へ。昔は日本人のハネムーンの定番の場所だったらしいけど、今は外国人の観光客の方が多いのだろうか、外国語の方が大きな文字で書かれている。

指宿の商店街。だいぶ閑散としている。人が全くいない。最近、商店街に来る人が減っているとはいうけど、本当に人がいない商店街を目の当たりにすると、だいぶ衝撃を受ける。

そして指宿駅。足湯があるって素敵。
足湯に少し浸かり、近場の民宿へ。砂風呂に入って砂の中に埋もれてリフレッシュし、翌日からの日本縦断へ。

指宿の南の方からフェリーで半島の向かいまで行けるので、翌日朝イチで最南端を目指します。

真冬の自転車日本縦断~装備まとめ:バッグの中身編

冬に縦断しようとすると、装備って必然的に増えちゃうんですよね。

お陰様で、自転車に大きなバッグ三つ背負わせて、自分でもリュック背負ったり。
なお、この装備ですが、

  • なるべく野宿(コスト削減)
  • 観光もする

という条件が加わっているので、その点、よろしくです。一日400kmとかをぶっ通しで走る超ファストランとは違うので、装備の内容も全然変わります。

カテゴリとして、ウェア(衣)・補給食関連(食)・寝る用装備(住)・メンテナンス系・その他でカテゴリしていこうかと。

ウェア系統

  • ヘルメット(むしろ持ってなかったら帰れってレベルw)
  • アイウェア(ぶっちゃけ何でもいいです)
  • グローブ(ゴアテックスのもの必須)
  • セブンの毛糸の手袋×2
  • ネックウォーマー
  • セブンの毛糸のネックウォーマー
  • スノボ用のアイウェア
  • 上下レインウェア
  • レーパン×2
  • おたふくインナー×2
  • 半袖レーサージャージ×2
  • 長袖レーサージャージ
  • ウルトラライトダウン
  • シューズカバー(絶対に防水の)
  • アームウォーマー
  • レッグウォーマー
  • 自転車用の靴下
  • クロックス的な薄い靴

色々と試したんですけど、セブンで売ってる毛糸の防寒具シリーズのコスパが物凄くいいことが判明。-7℃の吹雪の中でも、これ全部装備すると普通に走れます。というか暑い。毛糸の手袋をインナーグローブとして、その上に普通のグローブを無理やりねじ込む感じです。毛糸のネックウォーマーをした上に普通のネックウォーマーを重ねて耳まで引き延ばすと良い感じに暖かいです。

思いっきり雪降ってる中を走る場合、普通のアイウェアだと目の前が一瞬で見えなくなるのでスノボ用あった方が絶対にいいです。

ちなみに吹雪の中走るとこうなります。
サドルの角度に関しては色々と調整した結果、この角度になったのでツッコミはなしで。ぶっちゃけ先端部、いらん。

補給食関連

  • カロリーメイト
  • ハチミツ

基本はこれだけ、あとは適当にコンビニに寄る感じ。カロリーメイトはお守りとして数箱持っておくとド田舎走る時に何かと役に立ちます。自分の一押しの補給食はハチミツ、血糖値を一瞬で上げられるので、ちびちび飲んでおくといいです。ド田舎を通過するときは直前にコンビニの有無をしっかり調べておきましょう。

寝る用装備

  • 寝袋
  • エマージェンシーシート
  • 空気で膨らませる枕

寝袋がデカくて嵩張る。でも、ないと死ぬ。-2℃までなら上記ウェアと寝る用装備を全装備した状態で外で寝られるので、割と何とかなる。三日に一度くらいは室内泊してバッテリーを充電してました。

メンテナンス系

  • 六角レンチ
  • チェーンオイル
  • ミッシングリンク
  • チェーンカッター
  • ミッシングリンク外し
  • ドライバー
  • 折り畳みナイフ
  • 予備クリート
  • 予備ブレーキシュー
  • 予備チューブ
  • 予備タイヤ(スパイクタイヤ化した自作の対アイスバーン用タイヤ)
  • パンク修理キット
  • タイヤブート
  • ロックタイト

折り畳みナイフ、意外と役に立つんですよね。クリートに雪が詰まって固まった時とか。あと、自分はSpeedplay信者なんですが、たまにCリングを壊すので基本はスペアを持ってます。(なお、縦断中にCリングではなくベースプレートが割れて結局、自転車屋に行った模様w)

スパイクタイヤは自作したんですけど、かくかくしかじかあって使うことありませんでした。あと、ロックタイトとかも持っておくとええです。荷物たくさん積んでると、意外と緩む場所があるので。自分の場合はフロントバッグのマウントがしょっちゅう緩んだので、ロックタイトで固めました。

その他

  • スマホ(むしろ持ってかないってどういうことだ)
  • 財布類(上に同じ)
  • モバブ(経験則上、トータルで10,000mAh以上あった方がベター)
  • 絆創膏など
  • 傷薬系
  • ロキソニン
  • 電池
  • ガムテープ
  • 輪行袋
  • ビタミン・ミネラル剤
  • レジ袋

何かと役に立つのがガムテープ。バッグ類に穴が開いた時とかも、ちゃちゃっと塞げるので。あと、レジ袋。雨の時、シューズカバーのつま先に入れて浸水を防止したり、そもそも靴下の上に履いたりと、何かと有能。

ビタミン・ミネラルに関しても体調を整えるという意味で持っておくとベター。個人的には亜鉛多めに飲むと調子よかったです。

真冬の自転車日本縦断~装備まとめ:自転車関連

自転車の装備(全部書くのは不毛なのでかいつまんで)

  • フレーム:CAAD10
  • ホイール:SRAM S30 race
  • メインコンポ:Ultegra 6770 Di2
  • クランク:Quarq パワーメーター
  • チェーンリング:O.symetric
  • サドル:Selle Anatomica
  • タイヤ:Pro4 Endurance
  • フロントバッグ:Ortlieb Ultimate
  • トップチューブバッグ:たしかROSWHEEL
  • フレームバッグ:REVELATE DESIGNS tangle bag small size
  • サドルバッグ:REVELATE DESIGNS Viscacha

今はもう譲ってしまって、手元にいないのですが、当時の相棒のCAAD10で。ホイールは普段使いのをそのまま使用。

コンポに関しては、毎日200km以上をぶっ通しで走る場合、個人的には電動を圧倒的に推してます。別にワイヤーでも全然いいでけど、少しでも楽に変速したいので。
別に一分一秒を急ぐわけではないので、疲れたら休めばいいとはいえ、手の疲労の回復が追いつかなくなってくると特にフロント変速が辛くなってくるし。

パワーメーターも、「楽をする」ための道具。無くても全く困らないんですが、ちょっと気分が良くなってパワー出しすぎた時にパワーを抑えて体力温存するためのものです。O.symetricとかも、サボるためのアイテムとしてうまく使えばすごくいいと思うんです。これに関しては相当使って慣れないと完全に逆効果になるんですけど。

サドルに関してはとにかくコレが一押し。重量さえ気にしなければセラアナトミカは一番いいサドルだと思ってます。「重量さえ気にしなければ」

トライスポーツの説明で「ソファーのような座り心地」って書いてるんですけど、自分の言葉で言い表すなら「ハンモックの上に座ってる心地」って言いたいです。革サドルって硬くて痛くて馴染むのに時間が…っていいますが、これはすぐにお尻の形になります。ものすごくいいです。

バッグ系とかはもう説明不要ですよね。
サドルバッグはTwitterで仲良くさせて頂いている方からお借りしました。あのときはありがとうございます。その後、自分で買いました。

ちなみに、リベレイトのバッグ類は「完全防水」ではないです。土砂降りの中を走ると少し浸水します。ほんの少しだけですが。でも、工具類は錆びるので、工具類は必ず「ビニールなどで覆って」バッグに入れておくといいと思います。Ortliebのバッグに関しては台風の中を走っても大丈夫だったので、防水性能は信用しても大丈夫ですw
※なお、完全防水のOrtliebでも、中に浸水こそしなくても中の衣類が少し湿った感じになることはあります。本当に完全に防水したいなら、ジップロックやら空気抜いて衣類入れる袋などに入れて、二重化すべし。自分はそこまでは気にしないので、そのまま直接突っ込んでます。

タイヤに関しては自分の圧倒的な推しはPro4 Endurance。GP4000Sをこの当時はずっと使ってたんすけど、乗り心地硬くてあんまり好きじゃなかったんですよね。耐パンク性も相当いい部類だと思いますし、寿命も長いので。
なお、最近はグラベルキングに浮気してるんですが、グラベルキングよりこっちの方がパンクしないです。

本当にパンクしたくないならマラソンとか使えばいいと思いますよ。でも重いですし…
ちなみにマラソンは20,000kmほどで3セット=6本使用したんですが、いたずらで針刺されてパンクした以外のパンクは⁰回でした。

あと、長距離ツーリングする人はよくやってますけど、トリプルボトルです。ダウンチューブにボトルケージくっつけるEliteのやつ使ってます。「そのボトルどうやってくっつけてるの?」ってたまに聞かれるので、リンク貼り付けときますね。コレです。

ダウンチューブには工具系と予備チューブを入れてました。

余談なんですが、複数日走るんだったら、ボトルはペットボトルでいいと思います。衛生面って意味で。ペットボトルだったらすぐに捨てて新しいのにできるので。ペットボトルの上下をさかさまにしてボトルケージの奥まで入れると割と安定するんでええです。

では、自転車辺はここまで。

真冬に日本縦断とか長距離・複数日の自転車旅をする人の備忘録とか経験談とか

今まで自転車で色々走ってますが、割とフツーな感じなやつが多いんですよね。

尖ったやつを書いた方が面白いだろうっていうのと、先にやった人があんまりいなくて参考にできるものがないから役に立つんじゃないかなぁ…と。

普段、クソみたいな内容しか書いてないので、たまには役に立つこと書いてみようと思ったので、気が向いたときに思い出しながらこれ、書いていきます。

テーマは「真冬の日本縦断、2月末スタートで3月上旬ゴール」ってやつです。

佐多岬からスタートして、しまなみ海道走った日から稚内着くまで毎日雨か雪、その中では霰を二日、吹雪を三日食らってます。ちょっとググってみた感じでは、これ達成した人、自分以外にはいなさそうなので頭の悪い人の参考にでもなればな…と思います。

記事リンク