オフロードの雪山をDHしてみる~外には危険がいっぱい~

 

 

先々週(たしか)に行こうとしていたオフロード、雪でアレだったので行くのをやめてました。というわけで、今週も懲りずにリベンジ。
この前の雪道走ったやつ

ぱっと見た感じ…冠雪はないし、いけそう…!

少し凍ってるけど日陰だからでしょ、大丈夫大丈夫!

そしてこの景色、見覚えあるぞ…この雪…。

あっ…道路…

雪の舗装路走るのめっちゃ楽しい!(開き直り)

というわけで、オフロードへ突入。パッと見た感じ、雪はなさそう…?さて、サイクリングサイクリング(自転車を担ぎながら)
自転車を持ってどこかに行けばそれはサイクリングですよね、乗ってなくても、担いでても。

にしてもここの登り、つれぇ…

枯れ葉を踏みしめてたまに滑るので、枯れ葉を足でどかしてみたらやっぱり雪、ありました。枯れ葉で隠れててむしろ悪質な罠。

あっ…
さて、どうしよう、これは絶対に「アカンやつ」だ…引き返すか否か…。

3秒考えてGoということに。まだ日没まで5時間あって、最悪、行った先で歩いて下っても間に合うので大丈夫でしょう、という判断。

ということで、頂上まで来たのでここからDHします。激アツ。(なお、本当にヤバい区間は止まっては走ってを繰り返しててかっこ悪すぎるので、動画は撮ってるもののアップロードする気にならずw)

こういうジャンプするところとか、雪ある状態で飛んだら着地失敗して滑る未来しか見えない…w

雪が減ってきて、調子に乗ってたら何かを踏んで後輪が滑って落車とかしたり。

こっから先はもう雪がなくて普通のDHでした。楽しかったんですけど、動画撮ってませんでした、残念。

さて、場所なんですが、どこなのかは言いません。オフロードの走る場所はネットとかで人に広めない暗黙の了解的なやつあるじゃないですか。ということで。

カメラは相変わらずこの子で撮ってました。優秀。

 

vivosmart HR Jのインプレとか。心拍測るのはいいぞ。

これ買って正解でした!

前は心拍計測に乳バンド(胸に巻くタイプのHRセンサー)使ってたんですが、邪魔だし、たまにちゃんと反応してくれないし…と困ってたんですよね。

心拍計を導入するって、いいこと二つあると思うんです。

  1. 適切なトレーニングの負荷の調整
    トレーニングの手法に関しては詳しくないので何かと書くつもりないんですけど、最大心拍の〇〇%になるような負荷をかけて…みたいなやつやるといいと思います。
  2. ライドでうまくサボれる(個人的にこっちの方が大事)
    ある程度走ってると、自分が疲れにくい心拍がどの辺か把握できてくると思います。
    走ってて、その閾値を超えたら、「あっ、超えた、サボらないと!」って頭を切り替えて踏み込みを弱めるんです。
    本当に楽になりましよ。
    ちなみにパワーメーターも併用するとさらに効果的だったりするんですけど、さすがに高いので…ってのはありますよね。

と、まぁ、書きましたがとてもいいモノだと思います。万歩計の役割もあるので、普通に歩いた歩数が分かるってのも地味に嬉しいですよねw

ぶっちゃけヤフオクで中古買うのとAmazonで新品買うの、値段差がほぼないのでAmazonで買った方がいいと思います。

海外通販で海外版買うよりも安いくらいなんですが…

米軍規格の防水、耐衝撃でも壊れる時は壊れる~Galaxy S6 active

掲題の通り、お亡くなりになられました。
落としたの、80cmくらいの高さからなんだけどなぁ…。

以下、時系列の”闇”の浸食

自転車乗ってるとたまにスマホ落としたり、雨の中走って濡らしたりで色々あるので前はTorque G01使ってたんですが、あまりにスペックが低すぎて耐えられず、頑丈そうだけどスペック高そうな端末ないかなぁ…と思ったらAT&Tから素敵な端末が出てたので買っちゃたんですよ。それがまさか二週間でこんな。

 

ちなみに、耐久性能はググるとこんな感じ

IP68の防水防塵、国防総省ペンタゴンが米軍の装備調達に定めたMIL-810G規格も満たしており、耐衝撃性なども備えます

(https://smhn.info/201506-galaxy-s6-active より)

 

下記、超ざっくり訳すと
バッテリー3500mAh、頑丈。防水、耐衝撃。水に沈めても大丈夫、12フィート(訳注:3.6mちょっと)から落としても大丈夫。

Galaxy S6 Active boasts a larger 3,500mAh unit. The rugged version also aims to be more durable, as it comes with waterproof capabilities and extra shock resistance.

(中略)

The Samsung Galaxy S6 Active survives a drop from roughly 12 feet on tile floor, an underwater stress test, as well as a “hydrophobic waterproof test on screen.” Based on these videos, Samsung’s latest rugged handset is indeed suitable for an active lifestyle that might involve an occasional splash or drop.

(http://www.techtimes.com/articles/60524/20150616/samsung-galaxy-s6-active-drop-test-and-undewater-stress-test-did-it-survive-videos.htm より)

落とし方がよっぽど悪いと頑丈なスマホでも死ぬのね、修理代、とほほ…。

ちゃんとケース買おうと思いました。

性能には特に文句ないです。ブログにアップしてる写真の大部分はコイツで撮った写真です。

久しぶりのMTB出動、雪道を上って下って。DBPOWERのカメラは”デキる子”だった。

ふとDHしてぇ…と思い立ち、某オフロードの方に輪行。

なお、当日、寒波到来で関東でも雪が降るという事態。何も考えてない頭の悪い人なので、とりあえず行ってみようというスタンス。

まぁ、当然ですけど路肩凍ってますよね。

雪、やっぱり少しあるね(まだ楽観的)

 

んんんんんッッッッwww(雪の表面がカチカチに凍結してて滑る)

この後、雪が積もってるエリアを抜けたら斜度が10%後半が続いてヒイヒイ言いながら登る羽目に

そして…

あっ…(ここから超楽しくなってくる)

開けた場所に。これ、絵になってません?

ついでに雪山だけアップ

めっっっちゃ綺麗!

そして、ついにここから雪が本気モードに。

雪道にYETIのMTBって、めっちゃよくないですか?雪男のフレームですよ?

そして、雪道を走り続けたのですが、案の定、行こうとしていたオフロードの方は雪がだいぶ積もってて、自分のテクニックでこんな場所行くと事故る(それに、事故ってもここ圏外なので助けを呼べない)と判断し、諦めることに。おとなしく雪道をDHして帰ります。

なお、今回ですが、前に買ったけど使うのを忘れてたGoProの類似品みたいなやつを引っ張り出して下りで撮影してみるか…と思ったのも一つのモチベーションになってたので、撮影してみましたよっと。

なお、轍って凍結してて危ないことありますのでご注意を。

轍が凍結してて滑るので、雪の上をザクザク走って遊んでます。

雪の下りにサスペンション要らねぇ…と思ったので、今度はロードに40Cとか履かせて来て雪道下りたいなぁ…と思いました。

なお、雪道走るのにキャリパーブレーキは論外(雪がキャリパーに詰まって自動ブレーキになる)なので、ディスクロードにてぜひ。

今日学んだこと。

  1. シマノのゴアテックスの冬用グローブ、雪の中走ってても全然寒くないし、転んでも雪が染み込まないし、良かった。ケチらずにゴアテックスの厚手のグローブ使おう。
    (なお、シマノ以外のゴアテックスのグローブは使った事がないので知らない)
  2. 轍のアイスバーンには気を付けよう
    (転ぶまではいかなくても後輪スリップはしまくるので、気を抜かずに)
  3. 動画撮影すると楽しい
    (買おう!)

以上。

ちなみに今日は40kmくらいしか走ってないらしい。900mくらい登ったらしい。

GoProみたいなやつの廉価版(画質はめっちゃいい)と、とりあえずグローブのリンク置いときますね。