真冬の自転車日本縦断~装備まとめ:バッグの中身編

冬に縦断しようとすると、装備って必然的に増えちゃうんですよね。

お陰様で、自転車に大きなバッグ三つ背負わせて、自分でもリュック背負ったり。
なお、この装備ですが、

  • なるべく野宿(コスト削減)
  • 観光もする

という条件が加わっているので、その点、よろしくです。一日400kmとかをぶっ通しで走る超ファストランとは違うので、装備の内容も全然変わります。

カテゴリとして、ウェア(衣)・補給食関連(食)・寝る用装備(住)・メンテナンス系・その他でカテゴリしていこうかと。

ウェア系統

  • ヘルメット(むしろ持ってなかったら帰れってレベルw)
  • アイウェア(ぶっちゃけ何でもいいです)
  • グローブ(ゴアテックスのもの必須)
  • セブンの毛糸の手袋×2
  • ネックウォーマー
  • セブンの毛糸のネックウォーマー
  • スノボ用のアイウェア
  • 上下レインウェア
  • レーパン×2
  • おたふくインナー×2
  • 半袖レーサージャージ×2
  • 長袖レーサージャージ
  • ウルトラライトダウン
  • シューズカバー(絶対に防水の)
  • アームウォーマー
  • レッグウォーマー
  • 自転車用の靴下
  • クロックス的な薄い靴

色々と試したんですけど、セブンで売ってる毛糸の防寒具シリーズのコスパが物凄くいいことが判明。-7℃の吹雪の中でも、これ全部装備すると普通に走れます。というか暑い。毛糸の手袋をインナーグローブとして、その上に普通のグローブを無理やりねじ込む感じです。毛糸のネックウォーマーをした上に普通のネックウォーマーを重ねて耳まで引き延ばすと良い感じに暖かいです。

思いっきり雪降ってる中を走る場合、普通のアイウェアだと目の前が一瞬で見えなくなるのでスノボ用あった方が絶対にいいです。

ちなみに吹雪の中走るとこうなります。
サドルの角度に関しては色々と調整した結果、この角度になったのでツッコミはなしで。ぶっちゃけ先端部、いらん。

補給食関連

  • カロリーメイト
  • ハチミツ

基本はこれだけ、あとは適当にコンビニに寄る感じ。カロリーメイトはお守りとして数箱持っておくとド田舎走る時に何かと役に立ちます。自分の一押しの補給食はハチミツ、血糖値を一瞬で上げられるので、ちびちび飲んでおくといいです。ド田舎を通過するときは直前にコンビニの有無をしっかり調べておきましょう。

寝る用装備

  • 寝袋
  • エマージェンシーシート
  • 空気で膨らませる枕

寝袋がデカくて嵩張る。でも、ないと死ぬ。-2℃までなら上記ウェアと寝る用装備を全装備した状態で外で寝られるので、割と何とかなる。三日に一度くらいは室内泊してバッテリーを充電してました。

メンテナンス系

  • 六角レンチ
  • チェーンオイル
  • ミッシングリンク
  • チェーンカッター
  • ミッシングリンク外し
  • ドライバー
  • 折り畳みナイフ
  • 予備クリート
  • 予備ブレーキシュー
  • 予備チューブ
  • 予備タイヤ(スパイクタイヤ化した自作の対アイスバーン用タイヤ)
  • パンク修理キット
  • タイヤブート
  • ロックタイト

折り畳みナイフ、意外と役に立つんですよね。クリートに雪が詰まって固まった時とか。あと、自分はSpeedplay信者なんですが、たまにCリングを壊すので基本はスペアを持ってます。(なお、縦断中にCリングではなくベースプレートが割れて結局、自転車屋に行った模様w)

スパイクタイヤは自作したんですけど、かくかくしかじかあって使うことありませんでした。あと、ロックタイトとかも持っておくとええです。荷物たくさん積んでると、意外と緩む場所があるので。自分の場合はフロントバッグのマウントがしょっちゅう緩んだので、ロックタイトで固めました。

その他

  • スマホ(むしろ持ってかないってどういうことだ)
  • 財布類(上に同じ)
  • モバブ(経験則上、トータルで10,000mAh以上あった方がベター)
  • 絆創膏など
  • 傷薬系
  • ロキソニン
  • 電池
  • ガムテープ
  • 輪行袋
  • ビタミン・ミネラル剤
  • レジ袋

何かと役に立つのがガムテープ。バッグ類に穴が開いた時とかも、ちゃちゃっと塞げるので。あと、レジ袋。雨の時、シューズカバーのつま先に入れて浸水を防止したり、そもそも靴下の上に履いたりと、何かと有能。

ビタミン・ミネラルに関しても体調を整えるという意味で持っておくとベター。個人的には亜鉛多めに飲むと調子よかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です