輪行しつつ諏訪大社に初詣しにいくやつ

もう一週間以上経ってますが、、、

諏訪大社に初詣しに行ってきました。予定しているコースはR20をひたすら。R20で長野県行くやつとか、冬を除くと二か月に一回くらいのペースでやってるので、突然どこかに連れてこられても現在地がどこだか分かるようになってきてます。

…さっそくなのですが、朝から寝坊しましたw

始発には間に合い、高尾山口まで輪行。ぶっちゃけ、都内走っても楽しくないので、有意義な輪行でした(言い訳)

高尾山口からR20の高尾山頂上部分に到着した時点で-2.7℃だったらしい。

なお、下っていくうちに気温が下がり続け、いつの間にか-4℃くらいになっていた(撮ってる余裕なかった)ので、単にガーミンの温度計測がヒルクライム時の周囲の温度変化に追いついていなかった模様。頂上が寒すぎて、この気温で下っているのに暖かいって感じました。

猿橋付近からちらほら路面凍結していたのですが、大月の周辺ではこんな感じ。速度を落として、下りは絶対に攻めない。この時の気温は-2.5℃。高尾が異常すぎた。

この後は、笹子峠の登り区間を除くと凍っている区間はなし。そして上り区間での標識はこれ。ここまで説得力ある標識は久しぶりw

万が一の路面凍結に気を付けながら全速力で下る。

下り終えて笛吹の辺りでは八ヶ岳(たぶん)が見え始める。この季節にこの辺走ったことあんまり無いので、新鮮な感じ、そして綺麗。

この後なんですが、甲府市街地あたりで派手な渋滞に捕まり、完全にやる気をなくしたので甲府から小淵沢まで輪行をキメた。今回の自転車は決戦輪行車、要は輪行を楽にするために組んだ子なので、輪行には一切の躊躇がない。なお、なぜ小淵沢までの輪行にしたかというと、富士見より先の方まで輪行すると、下るだけで寒いのでw

せっかくだから上ろう…と思い、小淵沢まで輪行したものの、輪行解除後、まずは激しいS字連続の下り。小淵沢からR20に復帰する道って、こんな道なのね…!そして路面悪いので、全く攻められない。登りなら楽しいかも、下りだとつらみが深かった。

R20復帰後、まさかの爆向かい風が吹く。本気で踏んでも20kph出ないとかいう意味不明な状態に。登れない、死ぬ…とか思い、ヒイヒイ上る。道中のハッピードリンクショップにピットイン、本当にハッピーなドリンクなショップでしかなかった。

富士見峠頂上からは惰性で下り、諏訪湖へ。

定番の撮影、( ˘ω˘ )スワァ…湖

この子で諏訪湖来るのは初めてでした。いやぁ、軽いっていいね、やっぱり上り楽だ。

あとは、予定通りに諏訪大社の初詣へ。親の実家の車庫に自転車を置かせてもらい、60kph巡航できる四輪の素敵な乗り物に乗り換える。…めっちゃ渋滞だったから歩いた方が早かったけどw

とりあえず本宮へ。思ってたより人は多くないみたい。

ちなみに諏訪大社は上社と下社(諏訪湖を挟んで一対)があり、上社は本宮と前宮、下社は春宮と秋宮のそれぞれ2社から成ります。つまり、合計4社あるわけです。日本三大祭の一つ、御柱祭で合計16本の柱を担ぐのは4隅分の柱×4社=16本というわけです。正確には上社と下社の2回に分けて、少し時期を空けて行うので、一度に16本をやっているわけではないです。

おみくじですが、イマイチですね、、、。方角、東南の方角がいいらしいので、また次の機会に、、、。

走ったあとの水分補給とプロテインって大事って習ったので、水分補給とプロテイン摂取しておきました。
あんまりやる気ないライドだったので130kmの1400mupくらいでした。おわり。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です